留学情報準備サイト



 
留学の種類
留学の準備
留学先での生活
留学の心得
リンクサイト
 

留学の手順
留学の費用
パスポートと滞在許可
留学費用の送金と預金管理
留学の保険
留学先情報
各国のビザ、大使館、領事館、時差など等

留学先サイト 国別語学学校リスト

お願いとご案内

 

渡航先国別情報

英国
United Kingdom of Great Britein & Nothern Ireland

小・中・高校生のための英国留学セミナー

16歳未満の留学について、イギリスの教育制度や留学生の親御さんの体験談などもあります。

  • 大阪: 11月5日(土) 13:00-17:00 ブリティッシュ・カウンシル大阪
  • 名古屋: 11月6日(日) 13:00-17:00 (個別相談 17:30-20:00)
          名古屋国際センター
  • 東京: 11月13日(日) 13:00-17:00
         ブリティッシュ・カウンシル東京 地下2階ホール
    参加は無料、要予約
    詳細は英国小中高校留学セミナー 2005でご覧下さい

-------------------------------------------------------

国名          グレートブリテンおよび北部アイルランド連合王国

首都         ロンドン

電圧/周波数   240V/50Hz

国際電話

日本へ 00(81日本の国番号)-(市外局番の0を取った番号)
国際電話用イギリスの国番号(44)アイルランドの国番号(353)

緊急連絡      (999) 警察、消防、救急すべて共通

通貨

£(英国ポンド)
£1≒203円(2005年8月26日現在、円→TC)
注:アイルランドでは英国ポンドも使えるけれど、 実際の通貨は£(アイルランドポンド)

時差

日本との時差は -9時間(サマータイム有り)
例:日本 午後9時 ⇒ イギリス 同日正午
”世界の時計”現在の時刻が簡単にわかります。

お天気

四季は日本と同じ、緯度は北海道と同じくらい。
夏は過ごしやすく、冬は日本より厳しい寒さです。
BBC Weather Centre 

ニュース

BBC放送は、日本で言えばNHKようなもの。
リアルタイムのニュース勉強してみましょう。
BBC News

滞在許可(日本国籍の方の場合)(U.K)

短期滞在ビザ
6ヶ月以内の短期滞在であれば査証は不要ですが、入国時にVisitor(短期滞在者)かShort Term Student (短期留学生) に分けて入国許可をしてくれます。
Short Term Studentとして入国したい場合には、入国審査時に下記書類を入国審査官に提出し許可を得ることになります。

  • 入学許可書
  • 滞在費用証明(預貯金の残高証明書等)
  • 滞在先に関する証明(可能な限り) 帰国用航空券又はそれに見合う充分な金額の証明

Short Term Studentとして入国した場合は滞在許可(ビザ)の延長も可能です。

学生ビザ(6ヶ月以上の留学の場合)
出発前に学生ビザの申請が必要です。 申請にあたって必要なものは

  • パスポート 現在有効なものと、あれば以前のパスポート
  • 請用紙VAF1
    英国大使館で入手またはUKvisaからダウンロード可能
  • 証明用写真2枚
    サイズ45mm x 35mm 、背景は淡い色、正面を向いたもの。
    サングラス、帽子着用は不可
  • 入学許可書
    「教育機関の登録簿」 (Register of Education and Training Providers)に登録されている学校の入学許可証であること。
  • 滞在費用証明
    過去6ヶ月分の記録が必要 申請手数料 £85を日本円で送金、為替レートは変動しているので確認してから送る事。
    (平成17年9月現在、1ポンド=200円)

上記の書類を揃えて、大使館(受付は東京のみ)へ申請に行くか、郵送で申請します。郵送での申請は書留郵便を利用し、700円分の切手を貼った返信用封筒を同封する事。
英国大使館査証部
連絡先: 〒102-8381 
東京都千代田区一番町1 英国大使館 査証部
ファックス : 03-5275-0346
E-mail :visa.tokyo@fco.gov.uk

実際に手続きを行う際は、英国大使館/ビザ・渡英を確認して下さい

ワーキングホリデービザ(ユース・エクスチェンジ・スキーム)

2005年度の募集はすでに終わっています。
2006年度の募集詳細は、2006年初旬に英国大使館のホームページで発表されます。
下記の案内は2005年度のものです。

  • 申請条件 年齢が18歳から25歳であること
    (1979年4月2日から1987年2月27日迄の生まれ)
    例外として30歳(1974年4月2日から1979年4月1日までの生まれ)の申請も見とめられますが、正当と認められる理由が必要です。
  • 子供を同伴しないこと。
  • 以前にユース・エクスチェンジ・スキームを利用していない事
  • 有効なパスポートがある事
  • 往復の航空券、またはそれに代わる資金があること
  • 英国滞在中の資金がある事
  • 期間終了時に英国から出国する事

申請方法
ハガキでの申しこみのみ有効
ハガキ裏面記入事項

  • 名前(漢字とローマ字で)
  • 生年月日
  • 住所
  • 旅券番号、発行年月日、発行場所
  • 2005年2月11日(金)から4月1日(金)までの昼間の連絡先電話番号(複数記入可)
  • 25歳から30歳である場合のみ、例外的なケースとして申請を検討してほしい理由

ハガキ宛先
〒102-8381
東京都千代田区一番町一 英国大使館 YES2005係
受付
2005年2月11日(金)09:00、必着

ハガキによる申請申し込みが受けつけられた場合のみ、ビザの申請書が送られてきます。定員は400名で、400名を超えた場合の受付の基準は発表されていません。ハガキで申しこんでも受けつけられなかった場合は返事がありません。

ビザ申請書が届いた場合の申請は

  • VAF1(査証申請用紙)
  • パスポート 写真二枚(パスポートサイズ)
  • 資金証明のできる銀行の通帳
  • 申請料 36ポンド
    日本円で送金、為替レートは変動しているので確認してから送る事。
    (平成17年9月現在、1ポンド=200円)
  • 返信用封筒
    700円分の切手を貼り、返信先の住所氏名を明記すること。

注意:英国大使館では、ユース・エクスチェンジ・スキームについての質問は受け付けていません。

実際に手続きを行う際は、英国大使館/ビザ・渡英を確認して下さい。

在留届け(イギリス)

海外での滞在が3ヶ月を越える場合は、最寄の在英大使館、又は領事館に在留届けを提出しましょう。
海外での万一の事故、事件、災害の場合、提出された在留届をもとに安否の確認、緊急連絡などの援護が行われます。
忘れず届け出ましょう。

在連合王国大使館 (領事館も同じ場所にあります)

United Kingdom (U.K.)Embassy of Japan 101-104, Piccadilly, London, W1V 9FN, U.K.
Tel: (44-171) 465-6500 Fax: (44-171) 491-9348

在エディンバラ総領事館

Edinburgh, Consulate-General of Japan 2 Melville Crescent, Edinburgh EH3 7HW, U.K.
Tel: (44-131) 225-4777 Fax: (44-131) 225-4828

在アイルランド大使館

Ireland, Embassy of Japan Nutley Building, Merrion Centre, Nutley Lane, Dublin 4, Ireland
Tel: (353-1) 269-42-44, Fax: (353-1) 283-8726

統一試験 GCSE(General Certificate of Secondary Education)

成績はA?Gまでの7段階で評価される。16歳で受験する。
この試験にすれば中等教育終了の資格が認められる。
約20科目の試験があるがすべてを一度に受験する必要はない。
この試験の内3科目以上に合格すれば高等教育の受験が可能。

GCE-A 
Level(General Certificate of Secondary Education Advanced Level)

成績はA?Fまでの6段階で評価される。
義務教育終了後大学受験を目指す学生達が1?2年かけて勉強した後受験。大学の受験に際しては、自分の進みたい学部に関した科目を含む2科目以上をD以上の成績で合格することが求められる

IELTS(International English Language Testing System)

読む、聞く、話す、書くの4つの視点から留学生を対象とした英語の能力の判断材料とする試験。
イギリスの大学や大学院の受験に際して有効。
1?9ポイントで段階分けされ、受験にさいしては最低でも6ポイント以上が必要。
日本でもブリティシュ・カウンシルを通して受験可能。

ブリティシユ・カウンシル(The British Council)

文化、教育、科学、技術分野での、英国と諸外国との永続的な協力関係を促進し、英国に関する理解を深める目的で創立された、独立した非営利の文化機関。

知っていると便利な電話番号

救急車(Ambulance)999
警察(Police)999
消防(Fire)999
(番号調べ)  
イギリス国内 192
国際電話 153
電話の故障 151
(電報)
国内 190
国内 193
上記はどれも、局番なしでそのまま通じます。

渡航先国別情報のトップへ戻る/留学情報準備サイトトップページに戻る