留学情報準備サイト



 
留学の種類
留学の準備
留学先での生活
留学の心得
リンクサイト
 

語学留学
成人の留学
楽しむ留学
シニアの留学
学生限定の留学
家族で留学
ワーキングホリデーと留学
正規留学

ご質問お問い合わせは留学の種類トップページからお願いします

お願いとご案内



 

学生限定の留学

カナダ大使館主催。カナダ高校留学フェア

もちろん誰でも、どんな年齢でも学生になることは可能ですから、学生限定と言ういい方は厳密には正しくないかもしれません。
ここでご案内するのは、主に高校生、大学生の方を対象として募集される、ボランティア ホームステイと語学研修の留学と、交換留学です。条件をクリアすればお得な留学と言えるでしょう。

  • ボランティアホームステイと語学研修

    対象・参加資格・・・・未成年(20才未満)
                 大学生であれば可能な場合もあります。
    留学先     ・・・・主にアメリカその他英語圏各国

    各種団体がボランティアでホームステイを受け入れて下さる家庭を募るもので、主にアメリカで青少年の文化交流のためにボランティア活動の一環として行われるものです。もちろん無償で学生を受け入れていますが、ほとんどの場合未成年が対象です。学生であれば大学生でも可能な場合もあります。ボランティア・ホームステイで行われる語学研修のプログラムは団体扱いで、語学研修も地域の施設を利用して、その団体のみで授業が行われます。語学の勉強のためと言うよりは、ホームステイを経験するためのツァーに語学研修がプラスされたものと考えた方が良いでしょう。

ボランティアホームステイの利点と注意点

利点
■ホームステイや語学教室がボランティアで無料のため費用が安い。
■文化交流目的なので、レセプションや歓送迎会など地域の人との交流の機会がある。
■ホームステイ先ではほとんどの場合家族と同行して出かけるので、現地の生活を体験できる。

注意点
■ボランティアで学生を預かっているので、学生が滞在先を選ぶことはできない。
■団体での行動が多いので、行く先に制約がある。
■語学研修は同行した団体での授業になり、日本人のみのクラスになる。

実際のホームステイでの細かな注意事項については、ホームステイ注事項をご覧下さい。

  • 交換留学
    交換留学にも種類がたくさんあります。お勧めはは、各種財団・学校推薦の交換留学ですが、こちらは狭き門なので、ここでは、比較的一般で参加しやすい高校生の交換留学のご案内します。

    対象・参加資格・・・・高校または専修高等学校在籍者
                
    留学先・・・・主に英語圏(アメリカ/カナダ/オーストラリア/イギリス/       オーストラリア)

高校生交換留学の利点と注意点

利点
■ボランティアのホームステイと公立高校を利用することで、学費や滞在費が低く長期間の留学としてはお得。
■現地でのサポート費用が含まれているので比較的安心
■現地の高校生と同じ生活を体験できる。

注意点
■主催する業者による選考テストがある場合もり、選考基準によっては、選考から漏れることもある。
■現在在校中の学校の基準によって、留学中の単位を認められない場合は留年となる。又は、一年間の休学を認めてもらえない場合もある。
■出発は現地の新学期に合わせるため、一年前くらいからの計画が必要。

正規留学の欄でも高校生の留学についてご案内しています。